10代後半から気になりだしたほうれい線

私の肌問題、沢山ありますが学生時代から悩まされてきた堂々たる一位が「ほうれい線」です。

今や小学生でもするくらいですが、私の頃は10代の後半になるとほとんどの女性が化粧をし始めていました。
ある日友人から「〇〇(私の名前)も化粧やってみたら?絶対変わるって!」と勧められ試行錯誤をしながら化粧をすることに。

なんとか人前に出れるくらいの化粧スキルを身に着け、友人と遊ぶ日にも化粧をしていくようになりました。
最初は気付かなかったのですが、友人が撮ってくれた加工無しの写真を見ると時間が経つにつれて現れたほうれい線がくっきりと
ファンデーションによって浮かび上がってきていました。

http://manuresource2017.org/

「うそ…。プリクラやSNOWでは全然目立たなかったのに!」
友人からは「そんなに目立たないよ!」と言われましたが、その日に気付いてからは毎日毎日こまめに鏡を見ては浮かび上がったほうれい線をあぶらとり紙で
拭き取る日々。

ファンデーションをすることによって肌が白くなったり、できものが目立たなくなったりというメリットがあるものの
その反面ほうれい線が経つにつれて浮かび上がってくるというデメリットが。

気付かなかった頃は化粧をするのも楽しめていましたが、今やちょっとしたファンデーション恐怖症に陥り
ファンデーション無しのアイメイクとリップのみをするようになりました。

このほうれい線の根源は「歯の位置」というのは気付いていますが治療をするのも痛そうですし、治療費も高そうなので
結局は何もしない毎日を送っています。

コメントは受け付けていません。