綺麗と言われ続けるために

何年か前、学生時代にお世話になっていたアルバイト先の社長と久しぶりに食事に行くことになりました。

ネオちゅらびはだが届いた様子から解約方法まで完全レポート!効果と口コミを紹介します!

大学を卒業後、就職したものの一年半で退職。

やっぱり自分の好きなことを仕事にする人生にしようと思い、フリーランスで仕事をする道を選びました。

アルバイト先の社長には、その都度相談にのってもらっていましたが、会うのは2年ぶりくらい。

仕事が上手くまわりはじめ、自信を持って会える!綺麗になったねー!くらい言ってもらえるかな。と期待していました。

しかしいわれた言葉が、

「苦労した肌してるな!」

それは、老けたということ…?

化粧の仕方も覚えたし、エステにも通っているし、鏡にうつる自分は可愛く見えていたのですが、肌が学生時代の頃のハリを失っていたようなのです。

当たり前のこととはいえ、ショックでした。

もちろん「頑張っているんだね」という遠回しな誉め言葉なのでしょうが、綺麗でなければ頑張っていても意味がない!と奮い立ちその日からアンチエイジングに力を注ぎはじめました。

ちなみにはじめたのは26歳頃。

ずっと綺麗でい続けるためにはお金をかけてはいけない!と、高い化粧品はつかわない、エステや美容クリニックに頼りすぎないことを心がけました。

試行錯誤し30代を迎えたいまでも毎日続けているのは、

・南部鉄瓶で沸かした白湯を飲む

・適度な運動

・舌の筋トレ

あとは、

美容点滴と、LEDの照射と、、と、

結局お金をかけていますが、最近思うのは睡眠時間がとれた日は肌の調子が良いということ。

たぶん肌に苦労が現れていた頃は、必死な毎日であまり眠れていなかったんだと思います。

年齢もありますが、肌には正直にそのときの心のゆらぎや体調の変化があらわれるのかもしれません。

今では肌の調子を見て、自分の体調と相談できるようになりました。

どんなに久しぶりに会った人にでも「変わらないね」「綺麗だね」と言わせることが今の目標です!