髪の質によって白髪染め商品を変えてみると、仕上がりも違ってメリット・デメリットがわかる。

banazi
2021-02-04

髪をアップにあげたときに白髪が目立つので、そのたびに白髪染めの液体を塗るようにしています。説明書にて染めてみて、洗い流し乾かして仕上がりをチェックしますが、思ったよりもしっかりと染まっていない場合があります。

艶黒美人の効果と私の口コミ評価!市販の実店舗では購入できるの?

この前染めたはずでも、すぐに別の白髪が生えていたりするので、
時間がないときには、一時的に白髪隠しのパウダーを塗っています。
ただパウダーも時間が経つとニオイも気になります。

白髪を治すことは難しいかもしれませんが、
少しでも白髪防止をしていくために、
頭皮マッサージをしたり、ときにサプリを飲んで試しています。

頭皮マッサージを気づいたときに数分間だけしてみるだけでも、
頭もスッキリして血流もよくなっているので、白髪を防ぐにも少しは効果に
つながるのかなと思います。

30代後半頃は白髪染めの商品に対して、こだわりもなく普通の白髪染めの市販のものを使用していました。
だた年齢とともに染め続けると、髪のダメージやパサつきにも悩みがでているので、ヘアトリートメントタイプのものに変えてみています。

植物天然染料と無添加処方なので、生え際など染めるときにも傷つきも少なく、
肌にふれてしまっても痛みもなく、いい香りがしているので今では手放せないものになりました。
仕上がりも気になる白髪部分も染められていて、パサつきもなく髪をアップするにも抵抗が少なくなりました。