旦那に内緒でダイエットさせる方法。

旦那は血圧が高く、医者からの処方薬を飲んでも血圧が安定しない。体重は100kg目前。
下を向いて靴紐を結ぶこともできず、寝ているときに無呼吸症候群になり何度も呼吸が止まる。
痩せたら血圧も無呼吸症候群も改善することが分かっているのに欲望に勝てない旦那。
仕方ないので内緒でダイエットさせることを決意しました。

http://www.biotech-ortho.com/

ご飯の管理をしやすくするために毎日のお弁当のご飯とおかずを分離。
そして、ご飯の減量に取り掛かりました。初日に普段のおにぎりのご飯の重さを計測。200gが2個!
これを1週間続けます。次の週、ご飯の量を190g2個に減らします。190g初日、ご飯に菜飯にしてかさ増しします。ずいぶん大きなおにぎりの印象で旦那もご機嫌です。
具は変えながら、大きさはいろいろ変えながらそのままの量を2週間続けます。
そしてさらにご飯の量を180g2個に減らします。180g初日のおにぎりの具はハンバーグ。男性って肉に弱いですよね。めちゃくちゃテンション高く嬉しそう。おにぎり自体もかなり大きくなるので、まだご飯が減らされていることに気づいていない模様。これも具をいろいろ変え、大きさをいろいろ変えてご飯の量はそのままを守って2週間続けます。血圧も安定し、夜中無呼吸になる回数も減ってきていました。

このあたりで旦那が「最近、体重減ってきたんだよな~5kgは減ったよ」というのでネタばらし。ダイエットを続行するかどうか確認したところ、もう1か月続けるとのこと。
おにぎりのご飯は170g2個に減らし2週間、さらにご飯の量を160g2個に減らし2週間。
本人の自覚もあってか体重の減り方はさらに増し、80kg半ばへ。体力仕事なのでこれ以上の無理な減量は目指さず現状維持にシフトすることにしました。

ダイエットを始めて、もうすぐ4年目になりますが80kg前後をずっとキープしています。無呼吸症候群の症状もすっかりなくなり、夜は熟睡できています。
血圧も低下し、当初3種類飲んでいた血圧の薬も、今では1種類だけになっています。
本人いわく、胃袋が少し小さくなったみたいとのこと。無茶食いしたくてもできなくなったそうです。
無理して続けているわけではないので、このままの体重をキープできそうです。