僕は赤毛で産まれました

嘘のような話ですが私が生まれた時、こんなに髪が赤い子は初めて見たと主治医の先生は驚いたようです。もちろん、赤い髪というのは少し大げさで、実際には髪の色素が薄いために薄茶色の毛だったんです。それでも私の両親はじめ親戚はみんな黒髪で、色素が薄い人はいませんでした。もしかして父親が違うんじゃ・・・いやいや、私の妹もちゃんと色素が生まれてきました。中学生くらいの時は持てましたね。

http://www.internet-hyeres.com/

染めてもいないのに髪が明るいので、先輩や後輩問わず注目はされました。もちろん、良いことばかりではありません。男の先輩には目をつけられましたし、学校の先生達からは服装チェックの度に髪の毛を染めているのではないかと疑われます。悪いことをしていないのにそういう目で見られるのは、思春期の男子にとってはとても腹立たしいことでした。そのたびに染めていないという誓約書を親が書き、学校に提出していました。

さて現在ですが、年齢を重ねるごとに少しずつ黒っぽくなってきました。完全な黒ではないですが、日陰では黒に見えます。光に当たると透き通ってしまうので、太陽の下ではやはり茶色ですね。黒髪の友人たちはみんな染めたがりますが、私は逆に黒に染めたいとずっと思ってきました。一度だけ黒く染めたことがありますが、とても新鮮な気分でした。私はこの色の髪が好きです。染めようと思っても、なかなか出せる風合いではありません。最近は白髪が少し混じってきましたが、生まれ持った個性を大事にしたいと思います。