制汗剤で臭い対策!効果的な使い方とは?

制汗剤は、臭い対策として手軽に使用できることから、愛用している人も多いと思います。しかし、汗をかいた後になんとなく使っているだけでは、臭い対策として不十分かもしれません。そもそも汗自体には臭いはほとんど無く、皮膚表面で雑菌が増殖し、汗に含まれる皮脂や老廃物を分解することで独得の臭いが発生することが知られています。

そこで、汗の臭い対策としては、なるべく汗をかかないこと、皮膚表面の雑菌の増殖を抑制すること、発生した臭いを軽減させることがポイントとなります。制汗剤を使用する際は、それぞれのポイントに適した製品を選ぶことが大切です。

プルーストクリームの効果と口コミ評価!販売店での市販状況もレポート!

・汗をなるべく抑える

なるべく汗をかきたくない場合は、汗をかく前に使用するロールオンタイプの制汗剤がおすすめです。直接皮膚に塗るタイプの制汗剤で、お風呂上りなど皮膚が清潔な状態に使用すると効果が長持ちします。

・雑菌の増殖を抑制する

汗をかいたら長時間放置せず、シートタイプの制汗剤で拭き取ることで、汗の臭い成分を発生させる雑菌の増殖を抑えることができます。殺菌成分が配合されており、乾いたタオルで拭うだけでは、取り切れない雑菌にも効果的です。

・発生した汗の臭いを抑える

汗をかく前、かいた後の両方に使用できるスプレータイプの制汗剤は、香り成分によって汗の臭いなどの体臭を軽減するほか、パウダー配合で汗によるべたつきを抑える働きもあります。スプレータイプは他の製品に比べて、肌への密着度が低いので、上手に使い分けるとよいでしょう。